So-net無料ブログ作成
プロローグ ブログトップ

昨年の残務処理。あと少しで終わる。 [プロローグ]

 1557589_574606469280328_729449847_n.jpg

 昨年の残務処理。

 大晦日も正月も休まず作業

 とうとう仕事始めが来てしまって、

 さらに数日。

 ようやく、片付いて来た。

 あと、長い長い手紙がひとつ残っているが、

 それも中旬までには書きたい。

 そして、いよいよあれだ。

 そう、監督作のナンバー4。そのシナリオを執筆せねばならない。

 m_903471_617524858321822_5104824905454330605_o.jpg




DVDで映画を見るのも勉強! [プロローグ]

1176177_510581985682777_834758597_n.jpg
 

 何だかんだで、久々にDVDで映画を観た。

 女の園(木下恵介監督)
 
 パシフィック リム

 バレット(シルベスタースタローン)

 ダイハード ラストデイ

 アイアンマン3

 Xメン

 ラストスタンド

 (ザ マン オブ スチール)

 (ベルリンファイル)

  これも4作目への助走だ。

 

 

休養モード。効果あり! [プロローグ]

 
1545863_580074162066892_586110612_n.jpg

 遅まきながら、休息モード。

 といいながら、毎日、パソコンに向かっているのだけど

 結構、効果があったようだ。

 年末はPCに向かうのも苦痛

 長い文章や手紙を書くと思っただけでも、ぐったり。

 それが数時間、PCに向かって長い手紙を書いたりするようになった。

 これは疲労困憊で集中力をなくしていたのが

 睡眠をしっかりとって、(日頃の1.5倍は寝たーというか日頃が少なすぎるのか?)

 食事もしっかりとる。

 休養取ると、集中力が戻り、

 文章が書けるようになったということだ。

 疲労が回復し始めると、また戦いへの意欲も出て来る。

 昨年暮れはもう、目の前のことを片付けるだけで精一杯。

 いつ、倒れてもいいような状態だったのを思うと

 大きな変化である。

 もう5日だが、本日も半分は休養モードで過ごす。

 そのうち、嫌でもまた、7人分の仕事を同時にすることになるのだ。

 第4作目の監督作がスタートする。

 m_A4_jyunkou_0131-2-01.jpg

思い切って休息モードに切り替え! [プロローグ]

 IMG_0520.JPG

 昨年からの疲労困憊を背負いながら、

 やり残した作業をしていた。

 年賀状はとりあえず書いた。

 FB、ブログの更新も毎日した。昨年の決算と1年の報告も書いた。

 メールの返信もかなりした。今年必要な映像資料も作成した。

 見るべきDVDも数枚観た。

 残るは長文の手紙と、請求書と、企画書である。

 が、ここまで来て、かなり疲労が深刻であることを感じた。

 正月明け(今年は土日が来るので6日)から、仕事をスタートすると

 (というか、昨年から休んでいない)

 2月頃に倒れるのではないか?という不安がよぎる。

 残り、3つの仕事は年明けスタートにして、少し休息を取るべき!

 いくつかの作業をするだけで、集中力を欠き、すぐに体力が尽きる

 このまま年明けを迎え、連絡が来るようになるとマズい!

 そう思えて来た。

 そこでビデオを観ながら酒飲んで、オデンを食べるという休息の1日を実施。

 一昨日あたりから、スタートしたのだが、

 想像以上に疲れていることが分かる。ビデオを見る集中力がなく

 酒を飲むと、すぐに酔いが回って寝てしまう。

 そんなことの繰り返し。

 2年前に過労でダウンしたときに、限りなく近い状態である。

 よほど疲労困憊していなければ、1日に何度も寝ることはできない。

 長時間寝ると夜は寝れないのに、夜は夜で寝ている。

 これはまずい。

 そして今日が正月休みの最終日。

 思い切って何もしないことにするが、どこまで回復するのか?

 不安。

 

正月なのに仕事というのも悪くない [プロローグ]

 1509202_568670513207257_268704908_n.jpg

 年始年末。昨年の残務整理というか、さまざまな作業が続く。

 主に昨年、監督し全国で公開中の「朝日のあたる家」絡みの作業だ。

 正月だが、おせちも、雑煮も、なし(酒だけは飲む)

 しかし、どこからも催促や連絡がない日々でもあり、

 新たな仕事や課題が増えないし。

 集中して片付けができるという利点もある。

 そんな日々を送っていると、慌ただしく過ぎた昨年1年。

 そしてこれまでの日々が客観的に思い起こされる。

 昨年は本当に目の前の仕事をこなすだけで精一杯。

 それで1年が終わった。振り返ったり、分析したり、

 考えたりする余裕がほとんどなかった。

 だから、今、正月というのに、パソコンに向かい作業している時間は、

 とても大切なものではないか?と思えている。

 091130_104301_1.jpg

木下恵介監督の「女の園」をやっと観る [プロローグ]

 1521420_567833099957665_454851640_n.jpg

 前々から観たくて

 浜松の木下恵介記念館でDVDを3月に購入していたのに

 多忙で観る時間がなく、9ヶ月が過ぎてしまった。

 その「女の園」をようやく観ることができた。

 予想通りの凄い作品。

 まだ未見の「喜びと悲しみも幾歳月」も観ねば!

 



新しい戦いの始まりに [プロローグ]

 1510692_567497063324602_88369396_n.jpg

 2014年迎春。

 正月気分を実感することもなく、

 毎年、元旦は年賀状書きと、雑務整理。

 あけましておめでとうございます。

 そして、初めまして!

 映画監督をやっている太田隆文といいます。

 いつも新作映画を撮るたびに、監督日記を書いている。

 これまでも僕の監督日記ーブログを読んでくれていた人がいると思うが、

 いつも、映画の企画スタートのあたりから、

 シナリオ執筆、準備、撮影、編集、完成、宣伝、公開までを

 監督の視点で描く。

 今回、まだタイトル等は発表していないが、

 この段階から製作過程を綴って行きたい。

 「さて、昨年の正月は何をしていったけ?」と考えながら、日本酒を飲み。

 ああ、そうだ。と思い出す。

 今年はさらに過酷な戦いになる予感

 過去3作も戦いの連続だったが、今回は一段と激しい戦いになるかも?

 いや、必ずそうなる。

 おせちも、雑煮もないけど

 正月がいいのは誰からも連絡が来ず。

 集中して仕事ができること。

 「***どうなりました?」とか「***は出来ましたか?」

 という催促も来ない。

 なかなかの仕事日和でもある。

 今回も戦いが始まる!

 4作目の監督作品だ。

 おつき合いくだされ。

 (つづく)

 
 DSCN.jpg


プロローグ ブログトップ