So-net無料ブログ作成
風景撮り ブログトップ
前の10件 | -

太田組作品ー美しい四季の風景が毎回出て来る訳? [風景撮り]

10176001_676019595805681_4731092158643121780_n.jpg

先日、静岡県で撮影したひまわり畑の映像。

本編に繋ぎこんでみた。かなりいい!もう、オープニングだけで1本の短編ドラマのよう。ヤングヤング多香子ちゃんがとても素敵。

さらに、シナリオにはない部分まで撮影(現場での突然の思いつきというのは、とても大切なのだ)その部分も感動的。詳しく説明できないが、それが30年後の場面とリンクして、さらに心に染みるのだ。

そんなふうに、今回撮影した映像を次々に本編に繋いで行く。何だか、映画の世界が広がって行く。そのほとんどが空とか、山とか、夏の風景なのだが、それだけで違うのだ。

実は、その手の季節カット。

なかなか映画やドラマでは撮影できない。たった、3秒の雲の映像でも、「これはいい!」という雲を待つのに何時間かかるか? 撮影中にそんな余裕はない。キャストがいるのでも、まずキャストを撮影すること優先。撮影中には風景撮りという日が1、2日ある。(というか、スタッフが休みの日に、監督とカメラマンだけが撮影に行く)だが、そのときに晴れるとは限らず、晴れてもいい雲が出るとは限らない。

1939473_676027309138243_7692148263389344467_n.jpg

まして、夏に撮影すれば夏の映像しか撮れない。その他の季節を撮影しようとすると、スタッフに追加ギャラを払って別のときに、現地に行かねばならない。となると、人件費、交通費、宿泊費、食費、機材費等がまたまたかかる。撮影部は助手も必要だし、監督の助手。製作部も必要。景色を撮るだけでも大所帯となり。多額な経費がかかる。

10372570_674823029258671_2380374407773608780_n.jpg

だから、映画もドラマも余程でないと、

四季の撮影とか、美しい風景の撮影はしない。本来、そんなことができるのは予算が豊富にある超大作くらい。テレビドラマでも「北の国から」くらいで、四季の美しさを撮る余裕がないのが通常。撮影中の風景撮りの日に撮ったものだけで我慢するのだ。

だが、太田組は違う。カメラマンにお願いして、撮影の前後に4回。たった2人で、春夏秋冬の映像を撮りにロケ地に行く。(カメラマンが多忙のときは、僕1人で現地に行き撮影)でも、監督もカメラマンもノーギャラ。車も誰かに出してもらい、安いビジネスホテルに泊まって朝から晩まで撮影。

だから、大した費用がかからない。そんなことをするので毎回、低予算なのに、大作映画並みの美しい四季が物語を彩ることができるのだ。さて、今回も地元の美しい四季を交えた物語。編集終了に向かってあと一息。


10570366_674247645982876_178893903066780310_n.jpg

夏風景撮り写真紹介 [風景撮り]

10372570_674823029258671_2380374407773608780_n.jpg

先日の風景撮り写真。小さな市民俳優さんに再度来てもらって、向日葵畑を見つめるシーンを撮影。この子が幼き日の多香子。そして高校時代を芳根京子さんが、大人時代を常盤貴子さんが演じる。

1970722_674829152591392_517822663710688901_n.jpg

日差しが強く、腕が日焼けどころか火傷状態になったが、素敵な場面が撮れた。あとは、それらシーンを本編に繋ぎ込むだけだ。

10354066_674826489258325_7685233780377061154_n.jpg

昼ご飯はさわやかで

10556437_674373909303583_2949372860800567351_n.jpg

町の風景も撮影

10525854_674827049258269_1167064309321426399_n.jpg

初日の夜、応援団の方が集まってくれた!

感激

多くの方々の応援で「向日葵の丘」は完成へと向かう!

10505561_577012889074100_554104538761735855_n.jpg

そして、最終日の朝ご飯

10574364_674244805983160_5139910841747477810_n.jpg

撮影後、東京に戻り、すぐにこちらへ!

10343654_674455512628756_2226765363682779432_n.jpg

夏の風景ー撮影。 [風景撮り]

10570366_674247645982876_178893903066780310_n.jpg

応援団の方々が育ててくれたひまわり畑を無事に撮影。あと夏の風景をいろいろと撮ったので風景撮りはこれで終了。俳優の出演するドラマ部分はすでに5月に撮影済み。現在は編集中。そこに今回撮影した夏風景を入れて、あと少し編集すれば、いよいよ、編集作業は終了!

でも、それでまだ完成ではない。音楽を作り、効果音をつけ、映像の色、明るさ等も調整して、ようやく完成だ。あと1ヶ月くらいかな?

本日はもう少し、夏風景を撮影して東京に戻る。

下写真は朝食。

10516652_675571165850524_3385298548912495839_n.jpg

あの階段にも行く!

68243_673888542685453_2770540893374981471_n.jpg

ひまわりが咲いた。撮影に行こう! [風景撮り]


10553308_673685449372429_3925592082488948536_n.jpg

本日は風景撮り。

ようやく、ロケ地の向日葵が開花。

静岡県に出発。

撮影。

10516771_673684729372501_2874761786529691621_n.jpg

タイトルが「向日葵の丘」なんだから、

これを撮らねば!

完結しない。

10424338_673944829346491_1267969448969293125_n.jpg

真夏のような日差しで

日焼け。というよりやけど。

昼ご飯はこれ。

10501761_673344842739823_9220595673496839111_n.jpg

この日は泊まり。

6807_673680749372899_1617476599326497849_n.jpg

なぜか、机のない部屋!

ソファの上でパソコン作業。

明日も風景撮り。


10349222_664517273622580_4442905793080443480_n.jpg

雨空の中、風景撮りへ! [風景撮り]

10262171_646797918727849_6801565719199153803_n.jpg

 主人公の多香子が古里に向かう途中の風景を撮る。

 といっても、天気が限られていて、曇りか雨でなくてはならない。

 すでに車内シーンは撮影してあるので、そのときの天気に合わさなくてはならない。

 明日は曇りときどき雨という天気予報を聞き、勝負に出た。

10268411_646818152059159_2828286677473164002_n.jpg

 が、雨で雲が多すぎ、空が暗いし、今イチ。

 そこで終点で一泊。

10364080_646969898710651_5510137818085614383_n.jpg

本日、撮った風景を確認。撮影中、現地でも撮ったが、やはり東京の町は本当に東京で撮らないと...。現地での撮影日も雨だったので、それに合わせたのだが、雨が多すぎる感が? とか思いながら、早々に本編に入れてみる。フィルム時代はできない芸当だ。

てなこと考える安ホテル。この部屋。喫煙室と聞いて、タバコのにおいが染み付いているかも? と心配していたら、え? 違う。この匂いは? そう。アンモニアだ。何で? トイレが詰まっているのか? 何だか、公衆トイレで編集している気分。おまけに下写真を見てほしい。パソコンを乗せたテーブルの前はいすがなく、ベッドの端になっている。そこに腰をおろして作業。この街の泊まりはいつもはずれ....。


 10322447_647680735306234_4613803595443132961_n.jpg

 それを注意点として、帰京時に再挑戦

10441234_647151315359176_6634772781088102839_n.jpg

 この日は晴れ。でも、午後から曇りとの天気予報。

10383490_647689725305335_9197006938076517999_n.jpg

 しめしめ、雲が出て来たぞ

10415604_647678965306411_5561484946430581063_n.jpg

 さあ。うまく行くかな?

10325404_647714775302830_5140917259782457087_n.jpg

 こうして、編集を中断。

 2日がかりで、風景撮り


 ちなみに、昼飯。

 10461631_647747715299536_3598780827793442598_n.jpg

 m_m_903471_617524858321822_5104824905454330605_o-7ea0b.jpg

 

風景撮りの大切さ。難しさ。 [風景撮り]

10407275_647657365308571_2445441443125265976_n.jpg


車窓から見える風景が足りないので、撮影せねばならない。でも、条件がある。雨か、曇りでないといけない。なのに、雨が多すぎたのと、雲が多く空が暗い。時間的に夕方が近く空の色が違う等の問題があった。もちろん、その辺はカラコレである程度直せるのだが、できればオリジナルのまま使えた方がいい。で、旅先に、その前後のシーンを持ち出し、パソコンで確認して、帰京時の移動中に撮影する。

だが、本日は晴れ。東京は曇りー雨だと聞くが、早く曇ってほしい。予算もすでに尽きており、編集も遅れているので、何度もチャレンジはできない。しかし、風景といって手を抜いてはいけない。「朝日のあたる家」は1年がかりで四季を撮影したし、今回の「向日葵」もすでに、ロケ地の秋、冬、春を撮影している。それら美しい風景がどれだけ映画で重要か?を考えると、手は抜けない。

今回撮影しているのは、単なる四季を表現するシーンではなく、ヒロイン多香子の環境や思い。そして、日本の現状。さらには過去と現代が交差する大事な場面だ。いつもは撮影時に「晴れてくれ〜」と思うが、本日は「曇ってくれ〜」と願っている。


m_m_903471_617524858321822_5104824905454330605_o-7ea0b.jpg

朝ご飯。 [風景撮り]

10342766_647622931978681_3546926745462480788_n.jpg

朝ごはん。

野菜山盛。

食べれるときは、言われなくても食べる!


m_m_903471_617524858321822_5104824905454330605_o-7ea0b.jpg

富士山の撮影③ [風景撮り]

 10338337_635407986533509_1342661079435761800_n.jpg

 待つこと1時間。

 ようやく、雲が切れて撮影。

 でも、これで終わりじゃない。

 10秒のカットだが、

 いろんなバージョンを撮っておく。

 それが映画撮影。

 10371662_635426839864957_7847277616097738747_n.jpg

 10262053_635440906530217_8213308195819039480_n.jpg

 10341432_635441523196822_5522530953369295046_n.jpg

 茶畑と富士山

 なかなか絵になる

 m_903471_617524858321822_5104824905454330605_o.jpg

富士山の撮影② [風景撮り]

10253999_635404083200566_6610451329677462119_n.jpg

 わずか10秒くらいの富士山の映像

 それを撮るために何日もかかった。

 まず、静岡県のお天気をチェック

 撮影に行っても、曇ると無意味。交通費も無駄になる。

 1週間ほど待機。ようやく、この日。晴れの模様

 でも、雲が多いらしい。

 勝負を賭けて、カメラマンと富士山の見える町へ

 だが、やはり、雲がかかっていた。

 
m_903471_617524858321822_5104824905454330605_o.jpg

富士山の撮影① [風景撮り]

 1549441_634228593318115_5537869182160454029_n.jpg

 再び、静岡へ

 あと、撮影していない富士山のシーン。

 この数作。僕の映画はすべて富士山からスタートする。

 ”青い青い空”も”朝日のあたる家”も

 いずれも静岡県ロケ

 だから、今回も富士山で始めたいと思う。

 え? ”インディジョーンズ”のパロディ?

 はははは、

 m_903471_617524858321822_5104824905454330605_o.jpg
前の10件 | - 風景撮り ブログトップ