So-net無料ブログ作成
撮影を終えて ブログトップ
前の10件 | -

お見舞い感謝ークリエーターという仕事 [撮影を終えて]

1238343_642216552519319_1566545030694446005_n.jpg


昨日の記事を読んだ多くの方から、激励とお見舞いの連絡を頂いた。本当にありがとうございます。電話やメールで連絡をくれた方もいた。中には「余計な心配をかけるので、あんなことは書かない方がいいですよ」という指摘もあったが、こんなメールもあった。「前々から見辛そうにしていたので心配してました。訊くに訊けなかったので安心しました」という人も多く。報告してよかったと思える。

一時は関係者にだけメールで知らせようか?とも考えた。が、あんな内容のメールがいきなり来る方が皆、驚くだろうと思えた。そして、僕が知らないだけで心配してくれている人もいるかも?と思えたので、FBにて報告という方法をとった。あと、多かったのは「健康は大事です。無理しないでがんばってください」というもの。本当にその通りであり。応援してくれている方々の思いを感じるものだった。

ただ、クリエーターというのは、健康第一で仕事ができないことが多々ある。何より、魂を削って作品を作るのがクリエーターである。健康を考えていてはなかなかできない。ときには命を賭けねばならないときだってある。思い出す話がある。

俳優の松田優作さん。がんと診断された。時同じくしてハリウッドから出演依頼。若い頃から憧れたハリウッド映画への出演。でも、医者に言われる。「出演を諦め手術して、一生車椅子で生活するか? 出演して人生を終えるか?」彼は後者を選択。ハリウッド映画に出演し、その後亡くなった。それが「ブラックレイン」である。

何でそこまで出演したいか?と思う人もいるだろう。でも、それがアーティストやクリエーターと呼ばれる人たち。そこまでしても、いい芝居をしたい。感動を呼ぶ作品が作りたい。そう思うのだ。実際、命を賭けないまでも人生を賭けないと絶対にいいものはできない。だが、今の映画界はそんな人が少ない。多くのクリエーターは体を壊すまで仕事をしない。適当にうまく立ち回り。多くのギャラをもらって、早めに仕事を終えたい。という輩が多い。映画監督でもその種の人はよく見かける。

「製作費かかっているのに、何か詰まらないなあ〜」と思う映画はたいがい監督がそんな意識でやっている。人生を賭けずに作っている。そんなスタッフや、その種の俳優と仕事をしても、絶対に素晴らしい作品はできない。感動や勇気を伝える映画を作るにはスタッフ、キャストが皆、人生賭けてかからねばならない。そしてチームを引っ張るべき監督は人生だけでなく、命賭けでかかってこそ、最高の作品ができるのだ。

だから「毎回、遺作!」と思ってかかる。「この作品が最後!」と思うと、全ての力を出し切ろうと考える。遺作と呼ばれるに相応しい作品にしよう。健康やお金や生活のことより、大きな感動を伝える映画にしようと全てを賭ける。それでこそ素晴らしい作品になる。今回も同じだった。目が見えなくなってもいい。それで最高の作品が作れればOKだ。映画を観た多くの人が元気になり、ハッピーになり。感動で涙を流せば報われる。それがクリエーターであり、映画作りという仕事だと考える。


m_m_903471_617524858321822_5104824905454330605_o-7ea0b.jpg

太田映画の分岐点 [撮影を終えて]

1507862_633161656758142_8755963857717263832_n.jpg


僕が最初に監督したのは古里・和歌山県田辺市ロケの”ストロベリーフィールズ”2005年のことだった。それから浜松ロケの”青い青い空”湖西市ロケの”朝日のあたる家”。そして、今回は島田市で”向日葵の丘ー1983年夏”。応援団の方々からはすでに”静岡三部作(ロケ地が浜松、湖西、島田ー全て静岡県)”と呼ばれ、ひとつのシリーズの完結だと言われる。

そして毎回、遺作だと思ってかかったのに、もう4本目になる。前3作はジャンルがそれぞれに違うがテーマは同じだ。今回の”向日葵”も同じ路線のはずだった。若い女の子ががんばる青春映画。なのに、撮影中から何かが違う感覚があった。

やはり、”向日葵”はひとつの完結であり、新たなスタートなのだろう。自分でもまだうまく表現できないが、ここまで続いた太田作品はこれで終わりだと感じるのだ。同時に、新しいチャプターがここからスタートする。

監督は自分のイメージで映画を作ると思われがちだが、そうではない。映画は監督の意思を離れ、自分で成長していく。監督はそれを見守り応援するだけの存在。だから、今回の作品がどんな形で仕上がるか? まだ想像が着かない。

ただ、言えることは青春ものだが、過去3作とはかなり違うものになるということ。出会いがあり、別れがあり、悲しみがあり、絶望があり、その中で何か新しいものが見えてくればと思う。

新しい夜明け。暮れ行く空。昇る朝日。沈む夕陽。日々は流れ、年月が経ち、僕らはどこへ行こうとしているのか? もう一段上のステップに上がり、その道を進んでみたい。


10011282_608563285884646_408195525_n.jpg

富士山が見える。 [撮影を終えて]

10339591_632098496864458_4754898239057521792_n.jpg

 帰京途中。
 
 富士山が見える。

 風景撮りしたい!

 が、カメラがない。

 

節約のためハイウェイバスで帰京 [撮影を終えて]

10172579_632070173533957_978223862277564186_n.jpg

 節約のため

 新幹線を使わずハイウェイバスで帰京

 東京に戻れば次なる戦いの幕開け

 毎度ながら、休養の時間もない。

 m_903471_617524858321822_5104824905454330605_o.jpg

バイキング [撮影を終えて]

 1504151_632029576871350_8701606048416432553_n.jpg

 風景撮りを終え

 浜松への挨拶まわりを終え

 湖西への挨拶を終え

 スタッフと分かれて、静岡市内へ

 ここでもお礼を伝え

 一泊

 翌朝の朝食!

 ここから第3部のスタートだ。

 (ちないみに第1部がシナリオ。第2部が撮影。第三部が編集。そして完成へ)

 m_903471_617524858321822_5104824905454330605_o.jpg

淋しい別れ [撮影を終えて]

 10320426_635587173182257_4084335825148077594_n.jpg

 宿舎の食堂。

 黒板に書かれた

 スタッフの帰りの車振り分け

 3週間。共に戦って来た仲間が

 いよいよ、お別れ

 淋しい。

 m_903471_617524858321822_5104824905454330605_o.jpg
 

とっとこ3人組の帰京 [撮影を終えて]

10341484_630683850339256_3462584876415788809_n.jpg

 多香子たちの高校時代を演じた

 とっとこ3人組も、宿舎を去る

 荷物が外に出される

 3人共、すでに涙、涙

 10代の女優たちにとって、長い長い物語が

 今、終わろうとしている。

 ありがとう、ヤング多香子

 ありがとう、ヤングみどり

 ありがとう、ヤングエリカ

 3人とも素敵だったぞ!

 うらら!

 m_903471_617524858321822_5104824905454330605_o.jpg

 

 

宿舎も淋しくなる [撮影を終えて]

10300269_631537636920544_226858841706141965_n.jpg

 撮影が終わると、

 後片付けが終わったパートから帰京。

 残るは美術部と、製作部と、カメラマンと僕だけ

 あれほどにぎやかだった食堂がひっそり

 10173744_626922370715404_1776295128603905234_n.jpg

 まさに、祭のあと、

 いつも、この時期は淋しさが染みる。

 m_903471_617524858321822_5104824905454330605_o.jpg


差し入れ、ありがとうございました! [撮影を終えて]

10353132_632788813462093_7944359071384513869_n.jpg



撮影中、日本各地から多くの方から差し入れを頂いた。米、パン、酒、野菜、フルーツ、お菓子。肉。魚。それらにどれだけ助けられたことか! ロケ弁でビタミン不足。多くのクルーが口内炎が出来、喉をやられ、咳をしながらの撮影。頂いた総菜で栄養を取ることで乗り切れた。

頂いた方々の名前を食堂に貼り出したり、このFBを通じてお礼を伝えたが、あまりにも多くの方から差し入れがあり、貼り出し切れない方。僕に連絡が届かなかったものもあって、お礼を伝えられない方もいた。が、全て大切にスタッフ、キャストが食べさせて頂きました。ここで改めて感謝を伝えます。本当にありがとうございました!


m_903471_617524858321822_5104824905454330605_o.jpg

朝日のあたる家ーで記念写真 [撮影を終えて]

1797387_506629706114349_8955372408473346781_n.jpg

 帰京前にお訪ねしたお宅で

 記念写真

 どこかだか?分かるかな?

 そう。

 朝日のあたる家ーを撮影させて頂いたお宅です。

 m_903471_617524858321822_5104824905454330605_o.jpg

 
前の10件 | - 撮影を終えて ブログトップ