So-net無料ブログ作成
海外公開 ブログトップ

Movie"Sunflower On The Hill"Introduction [海外公開]

11921842_889794194428219_3847092071956761101_o.jpg

Sunflower On The Hill

【Introduction】

"Sunflower on the Hill" is an emotional movie set in the countryside of Japan in 1983, you can't see without tears.

The main characters are played by known actresses, Takako Tokiwa, Misato Tanaka, and Tomoko Fujita ("Wataru seken wa oni bakari"), who all are famous for their roles in the popular TV dramas as part of the most-watched time slot, NHK's Renzoku TV Shosetsu, "Mare," "Aguri," and "Non-chan no yume" respectively. Tokiwa has established her position in Japanese cinema and starred in "Seven Weeks," directed by Nobuhiko Obayashi, who appeared at JFFLA as a guest in 2013.

The same characters in their youth were played by Kyoko Yoshine, Takemi Fujii, and Haruka Momokawa, who were cast out of over 400 young actresses.
Supporting actors include veteran actors such as Masahiko Tsugawa, Tetsuya Bessho, Setsuko Karasuma, and Shiro Namiki.

It's directed by Takafumi Ota, who has found a mentor in Director Nobuhiko Obayashi. He studied at USC School of Cinematic Artsand has kept shooting films about hometowns, set in beautiful rural Japan. Setting "Important messages for parents and kids" as his theme, he's presenting a story, which must bring you tears and touch your heart this time too. Each of his films has screened all over the world including Cannes Film Market and Japan Film Festival Los Angeles, and is internationally acclaimed.

11064283_842655069142132_6705240544271234294_o.jpg


【Story】
A struggling screenwriter in Tokyo, Takako, played by Takako Tokiwa, receives e-mail from her classmate from high school, Midori, played by Misato Tanaka, living in hometown, for the first time in 30 years. Suprised to hear that Midori is expected to live only for a few months, she contacts another friend from high school, Erika, played by Tomoko Fujita, who married an American man and doesn't believe the news.

Takako still lingers in the past after a sad incident from high school days, and she has never gone home. After struggling with her past, she decides to go home for the first time in 30 years. While going home, she remembers going to traditional cinema house every week with the best friends to see musical movies and chatting at taiyaki cafe after school. She also remembers she had a crush on a college student. She is stuck by nostalgia. But what awaits her back home is sad reality and separations...
It's a moving story you can't see without tears.




11289650_833882213352751_8690526921465471659_o.jpg

LAこの街で9月に「向日葵の丘」が映画祭で上映さる! [海外公開]

11709622_869800473094258_7911613474311384076_n.jpg

LAーこの街で9月に「向日葵の丘」が映画祭で上映さる!

11753653_869800486427590_4528597617251327184_n.jpg

11141203_869800499760922_2891424249798219262_n.jpg

11754520_866001236807515_5910271295992972245_o.jpg

映画「向日葵の丘」LAの映画祭で紹介するため。解説と物語を英訳! [海外公開]

10551431_904501542947848_1695483825498401620_o.jpg

映画「向日葵の丘 1983年夏」ロスアンゼルスの映画祭で紹介するため。解説と物語を英訳しました。「向日葵」世界に発信!!

Movie【Sunflower on the hill 1983 summer】

(Introduction)
"Sunflower on the Hill" is an emotional movie set in the countryside of Japan in 1983, you can't see without tears.

The main characters are played by known actresses, Takako Tokiwa, Misato Tanaka, and Tomoko Fujita ("Wataru seken wa oni bakari"), who all are famous for their roles in the popular TV dramas as part of the most-watched time slot, NHK's Renzoku TV Shosetsu, "Mare," "Aguri," and "Non-chan no yume" respectively. Tokiwa has established her position in Japanese cinema and starred in "Seven Weeks," directed by Nobuhiko Obayashi, who appeared at JFFLA as a guest in 2013.

The same characters in their youth were played by Kyoko Yoshine, Takemi Fujii, and Haruka Momokawa, who were cast out of over 400 young actresses.
Supporting actors include veteran actors such as Masahiko Tsugawa, Tetsuya Bessho, Setsuko Karasuma, and Shiro Namiki.

It's directed by Takafumi Ota, who has found a mentor in Director Nobuhiko Obayashi. He studied at USC School of Cinematic Artsand has kept shooting films about hometowns, set in beautiful rural Japan. Setting "Important messages for parents and kids" as his theme, he's presenting a story, which must bring you tears and touch your heart this time too. Each of his films has screened all over the world including Cannes Film Market and Japan Film Festival Los Angeles, and is internationally acclaimed.


(Story)
A struggling screenwriter in Tokyo, Takako, played by Takako Tokiwa, receives e-mail from her classmate from high school, Midori, played by Misato Tanaka, living in hometown, for the first time in 30 years. Suprised to hear that Midori is expected to live only for a few months, she contacts another friend from high school, Erika, played by Tomoko Fujita, who married an American man and doesn't believe the news.

Takako still lingers in the past after a sad incident from high school days, and she has never gone home. After struggling with her past, she decides to go home for the first time in 30 years. While going home, she remembers going to traditional cinema house every week with the best friends to see musical movies and chatting at taiyaki cafe after school. She also remembers she had a crush on a college student. She is stuck by nostalgia. But what awaits her back home is sad reality and separations...
It's a moving story you can't see without tears.




m_10460181_802083253199314_5461131442902814349_n-ed9e9.jpg

「向日葵の丘」海外の映画祭へ出品準備! [海外公開]

10473504_788664624541177_4182358956496974830_n.jpg


これまでの僕の映画は全て海外で上映されている。1作目の「ストロベリーフィールズ」はカンヌ映画祭。2本目の「青い青い空」はロサンゼルスの映画祭。「朝日のあたる家」に至ってはLA、アリゾナ、シンガポール、ニュージーランド、ドイツで上映。幸いにもどの国でも大評判。LAの映画祭に参加したときは、白人も黒人も、日系人も、皆が涙を流し拍手してくれたこと。忘れられない。

そして今回の「向日葵の丘」も海外の映画祭に出品すべく準備中だ。すでに英語字幕入りが完成している。今回は先方からの依頼を待つのではなく、こちらからいろんな映画祭にエントリーする。審査があり、パスすれば参加できる。が、いい映画だから合格ではなく、映画祭はカラーや方向性があるので、それに合うかどうか?というのが大きいし。結構、コネのある映画は得というのもあるようだ。

しかし、海外で観てもらえるのはとてもうれしいこと。専門の会社に頼み、いろんな映画祭にアプローチしていく。また、前三作と同じように、映画祭レポートをこのFacebookや監督日記で連載できることを楽しみにしている。日本公開も夏を目指して、映画館と交渉。ポスター、パンフ作りも進行中だ。

10942457_770531273021179_7738561408049812029_n.jpg

「向日葵の丘」監督日記  本日も英語字幕、確認作業! [海外公開]

10710722_710935472314093_8118785006216164047_n.jpg

 もう、30回ほど見ているので、

 さすがに感覚が麻痺して泣くことはない。

 と思っていたのに、

 ****のシーンを見ると涙が溢れてしまう.....。

 泣いてないで、英語字幕の確認をせねば...



10570366_674247645982876_178893903066780310_n.jpg

「向日葵の丘ー1983年・夏」監督日記 英語訳の確認は続く! [海外公開]

10690184_707139129360394_6723834825257432172_n.jpg

午前中から続けている英訳確認作業。夜になっても続いている。単に単語や表現をチェックするだけでなく、疑問に思ったところは英語が得意な友人に問い合わせて意見を訊く。

が、人はいろんなことをいうので、最後に結論を出すのは自分自身。一つの意見が多いからと、それを採用したりはしない。アートは多数決ではない。むしろ、個性的で多くの人が支持しないものの方が結果として、より多くの人に採用されたりする。英語でも、日本語でも、言葉の表現でも同じだ。

その台詞のニアンスを伝えるには、どういう翻訳、どういう言葉を選ぶべきか?あれこれ考える。昔の映画のタイトルを調べたりもするので、時間がかかる。

10384459_702590066481967_4874068815625555724_n.jpg

「向日葵の丘ー1983年・夏」監督日記 英語訳もなかなか大変な話。 [海外公開]

995649_707019282705712_9165627418838727689_n.jpg

日曜だというのに、朝から英語字幕原稿の確認。英訳してもらったものを、送ってもらいチェックしている。台詞を英語にするときは、単に直訳するのではなく、アメリカ人が分かるように言葉を置き換えたりする。
僕がロサンゼルスに留学していた頃。日本映画が公開されると映画館に行き、日本語の台詞で英語の字幕スーパーで映画を見た。日本語の台詞がどんなふうに英訳されているのか?も興味のひとつだった。

難しいのは固有名詞。坂本龍馬とか、織田信長というと日本人なら誰でも知っているけど、アメリカ人は誰も知らない。そんなときは別の名前を使ったりする。「逆噴射家族」という映画では犬の名前が「二宮金次郎」だった。が、それではアメリカン人は判らない。といって「ジョン」とか「ジョージ」にすると意味が伝わらない。で、「リンカーン」という名前になっていた。苦労して偉くなった人の名前というのを大切にしたからだ。

また、「サムライ」や「ヤクザ」はそのままで通じる。わざわざ「ジャパニーズ・ウォリア」とか「マフィア」と置き代えなくてもOKだ。それから劇中で映画のタイトルが出てくるときは要注意。そのまま直訳してもアメリカ人はどの映画か?判らない。

「タイタニック」とか「インデペンデンスディ」なら、そのままでいいが、「ダーティハリー4」は「Sudden inpact」。「ランボー」は「First blood」だ。また、「ドラゴンへの道」は2つ英語タイトルがあり、「The way to the doragon」と「Return of the Drogon」がある。

ややこしいのは「ランボー2」は「Rambo 」「ランボー3」は「Rambo3」ただ、英語ができるだけでなく、その辺を知らないと英訳はできない。今回、お願いした方はその辺も熟知してくれているので、ありがたい。

時間ができたら早く読みたい小説もあるのだけど、なかなか作業が終わらない。このあとも、ポストプロダクション作業が山積み。とりあえず、がんばる!


10649482_689295437811430_5720468704844006668_n.jpg

向日葵の丘ー監督日記 世界公開を目指して字幕スーパー制作! [海外公開]

10659311_706060772801563_4236133555842177229_n.jpg


僕の映画。どれも何十億円という超大作ではなく、低予算のものばかりだが、「ストロベリーフィールズ」から、前作の「朝日のあたる家」まで、全て海外で上映。そして各地の映画祭で好評を得ている。

新作「向日葵の丘」も同様に、海外での上映は射程距離! 今から英語の字幕スーパーを制作している。さすがに自分で英訳のは大変、特別のスキルが必要なので、出来る!方にお願い、上がったものを確認させてもらう。

果たして、「向日葵の丘」は海外の人たちにどのように映るのか?

 え? 「サムライが出て来ないとウケない」って? そんなことはない。

「青い青い空」も「朝日のあたる家」もアメリカでは拍手喝采!絶賛だった。今回も楽しみだ!

向日葵の丘」も目指せ!ハリウッド。

前作「青い青い空」LA上映のときの日記を紹介

=>http://takafumiota08.blog.so-net.ne.jp/2011-05-01



10570366_674247645982876_178893903066780310_n.jpg
海外公開 ブログトップ